FC2ブログ

Post

        

Blood and Roses

category - 展示会
2017/ 06/ 21
                 
血とバラ

-女吸血鬼カーミラが誘う美しき幻影と幻想耽美-

2017年 6月24日(土)~7月4日(火)

11:00~19:00 (最終日は17:00まで)
※6月28日(水)休廊

【参加作家】

東逸子・金子國義・木村龍・清水真理・杉本一文
赤色メトロ空山基・多賀新・建石修志・Toru Nogawa・衣
林由紀子・古川沙織・松島智里・森馨・向川晃貴・山本タカト

* * *

1960年ロジェ・バディム監督による「血とバラ」が公開された。
この映画は女吸血鬼カーミラを描いた作品で、
監督の映像美学が反映され、
幻想耽美的で現代ゴシック風とも感じられる。
このアーティスティックな映像美が奏でる耽美的アンニュイは
カーミラの美の幻影 が創り出すものだろうか。

本展は、映画「血とバラ」をコンセプトに女吸血鬼カーミラやその映像が誘う
幻想耽美、ゴシックホラーをギャラリー空間に創り出していく試みである。
<スパンアートギャラリー御案内状より>

chiyobara_dm02.jpg

chiyobara_dm01.jpg
                         
                                  

コメント

非公開コメント